旅のあと

ヨーロッパやアジアの海外旅行を安く、お得に、行きたい所だけ詰め込んで旅してきた旅のブログです。パリやロンドン、美しい田舎町などはじめとした観光情報などを記載しています。

エアアジア:当日手荷物料金2万円! 乗り継ぎ有の旅行は微妙...

旅行日:2018年2月9日

エアアジア

キャンペーン以外の遠方へはエアアジアより中華系航空の方が安い。

今年(2018年)初めてLCCのエアアジア(Air Asia)で海外に行きました。遅いですが...

関空からプーケットへ行きました。プーケットへは乗り継ぎが必要で、行きはバンコク、帰りはマレーシアで乗り継ぎました。

エアアジアの航空券の支払いは、カードのみで、別途カード支払い手数料を取られます。 1回の支払なので、手数料は1回と思いますが、乗り継ぎの場合、行き2回とみなされ、往復4回分の手数料を取られます。

カード手数料合計3,200円。

そして、行きは手荷物料金をケチる為に、預入手荷物なしで行くことにした。 もし越えたとしても、他の人のブログだと1万円代前半だと思っていた...

当日手荷物料金 2万円。

指定サイズ以下のスーツケース1つと座席下に入る鞄を用意して行った。 webチェックインを済ませていたが、カウンターによらなければならなかったので カウンターに寄ると、スーツケースを置いて重量を確認された。 "5.9kg"

「持っているもの全部ここに置いて下さい」と言われて、1眼レフのカメラが入った鞄を 置いたら、"9kg"になった。「オーバーしています。」=20,000円

2万円払う位なら、着れるものは着ようかと思ったが、友人がすでに超えていて 超過料金を払うと決めていたので、20kg以内の預けなら数は増えても問題ないらしく、それに加えてもらった。 小さい鞄の方も含めて7kgと言うことを忘れていた。 その場で支払い後、食べ物は買って行って食べても良いかとカウンターの人に聞いたらそれは、良いと言われた。そこはゆるい...

深夜便で、朝着でしたので、寝れるよう行きは窓際の座席を友人と縦に並んで予約した。 一番安いプランで、1,870円位。狭かったので正解でした。 祝日を挟んでいた為、飛行機は満席で、真ん中席の男の人は苦しそうでした。 狭いので座席は倒せないまま、6時間位就寝。友人がみた感じでは2,3人倒していた人がいたそうで、その後ろの人は大変そう...

凄く寒いとうわさのエアアジア。2月だったので、ダウン着て行ったので正解でした。それでも寒かったのでカイロを貼りました。

毛布やクッションは勿論、有料。

バンコクから、プーケットの乗継の際に荷物のシールを目立つ所に貼ってと言われました。 私たちの荷物は国際線の方に届くようで、プーケット到着後は、スタッフに連れられて、ゲートを潜り国際線の方に歩いて行きました。見つけやすくするためシールを張るようです。

帰り

アジアから乗る場合は、重量についてはゆるい感じでした。 プーケット→マレーシアに行く便が遅れていて、1時間近く遅れて、飛び立ちました。 乗継出来なかったら、どうしょうと思いましたが、マレーシアに到着。 マレーシア→関空も遅れていました。

マレーシアの空港

当初の関空到着が21:30、これより1時間以上遅れて終電が無くなったら、 タクシーで帰る事になるのでそうなったら逆に高くなる。 1時間位遅れていたのですが、関空に着いたのは、22時頃で30分くらい遅れで済みました。いつもより猛スピードで飛んだわけでもないので、遅れていた理由が解決したのと早く人がゲートに集まれたのではないかと思いました。 LCCのゲートは以上に遠く、その為か、ボーディングタイムも出発時刻より30分くらい早めになっています。 長時間、空港を使うと使用料が高くなるので、なるべく人を集めて早く感じでしょうか。 マレーシアに到着後、荷物検査で、プーケットの空港で飲んでいた水を没収されました。 友人はマレーシアの空港で飲物を購入しましたが、LCCのゲート手前で荷物検査があるので、持ち込めず。 LCCの荷物検査通過後は、プラスチックでストローを刺した感じの水しか売っていませんでした。 疲れていたので、寝ていると6時間水なしでしたが、大丈夫でした。 乗り継ぎで荷物の紛失がある事を聞いていたので、心配しましたが大丈夫でした。

乗り継ぎ便はエアアジア(Air Asia)などのLCCは使わないなと思いました。

  • 乗継の場合、カード手数料が高い(区間ごとにとられる)
  • 遅延が頻繁。アフターケアがない
  • 当日オプション料金が高い(手荷物2万円)
  • 毛布やクッションがない上、寒い
  • 座席指定も有料
  • 飲物、食べ物、有料
  • 映画など見れない
  • 座席が狭く、席を倒せない
  • 乗り場が遠く空港内を端まで歩く
  • ボーディングタイムが速いから早めに空港に行かなければならない
  • 充電できない

但し、平日の閑散期やキャンペーンはかなり安くなるし、直行便となるとLCCはとても安いので、良いと思いました。