旅のあと

ヨーロッパやアジアの海外旅行を安く、お得に、行きたい所だけ詰め込んで旅してきた旅のブログです。パリやロンドン、美しい田舎町などはじめとした観光情報などを記載しています。

パリのおすすめお土産

旅行日:2017年5月

パリのお土産

大切な友人に。ジャックジュナン(Jacques Genin)のボンボン・ショコラ

天才ショコラティエのジャック・ジュナン氏のチョコレート。 日本未入荷。€12

ジャックジュナン(Jacques Genin)

小さいアルミケースに味わい深いショコラがぎっしり詰まっています。スーツケースに入れてもかさばらず、潰れず安心。 小さいですが、バラエティ豊かなティストで満足感は大きいと思います。アルミケースは小物入れにもなります。ショコラは、自分で好きな物を選べます。見本と同じといってもOK。ジャックジュナンは、ショコラだけでなくキャラメルやフルーツジェリーもお土産として有名です。

Jacques Genin

11:00~19:00(土曜~20:00)定休日:月曜日、夏季休暇、年始年末

ドラックストアで香りとパッケージが可愛い日用品

クロラーヌ

パリでは、自然派化粧品が多く売られています。写真中央:ヨーロッパで人気の高いハーバールシャンプー。クロラーヌ。日本未入荷。200ml(中)€4.98。マグノリア(木蓮)やピポワンヌ(ザクロ)が香りが良くておすすめです。写真右:トラベル用のミニサイズもあります。

Citypharma

日本の皮膚科でも売られている。LA ROCHE-POSAY(写真右と中央)も種類も豊富で安く売られています。赤い蓋のCAUDALIE(コーダーリー)のスプレータイプの化粧水は、写真のアンチエイジングのものより ノーマルのものが香りが良くてスッキリします。 シルバーのパッケージの可愛いMARVISの歯磨き粉は、日本の有名モデルさんもご愛用。ホワイト二ング効果のあるWHITENING MINTがおススメです。 大きなサイズは日本のセレクトショップや百貨店で2800円位で売られていましたが、Citypharmaでは3分の1の価格€5.77。旅行用にミニサイズをお土産にしています。 パリで一番安いと言われるドラッグストア。平日でも現地の方から観光客まで店内は激混みします。レジも長蛇の列。朝一番に行くのがおススメです。

Citypharma

8:30-20:00(土曜 9:00)定休日:日曜日

スーパーマーケットで、エコバックなどのばら撒き土産

カルフールのエコバック

パリのお土産で人気のスーパー、モノプリのエコバックなど、大きくて使い勝手の良いエコバックは女性におすすめです。 写真はカルフールのエコバック。大きくてしっかりとした生地で、エッフェル塔のデザインもかわいい。

sachet(個包装)のお菓子

ばら撒きお土産の王道は、赤いチェックでおなじみのボンママンのお菓子。たまには違うものをと写真は、チョコ付きのクッキー。箱にsachet(サシェ)と書いてあれば、個包装されているので、会社などでのばら撒き土産に最適です。

クスミーティー

パリと言えば、マリアージュフレールの紅茶、マルコ・ポーロもおすすめですが、種類豊富なクスミーティー(写真下)も有名です。パッケージも可愛くておすすめ。スーパーでも購入することが出来ます。セット売りを購入して小分けに配っても。

旅の思い出に、ポストカードやメダイ

ポストカード

旅の思い出に、パリのオシャレなポストカード。(€1.5)リュクサンブール宮殿北の道沿いの文房具店で購入。シックなポストカードが売られています。ちょっと大きめのポストカードで、100均一の額に入れて飾っています。

奇跡のメダイ教会のメダイ

写真右下のは、奇跡のメダイ教会で購入したメダイです。奇跡がおこるという有名な美しい教会です。隣には、高級スーパーのボンマルシェがあります。

パリ発ブランド

自分用に、パリ発のブランドを購入してはいかがでしょうか?ロンシャンのトートバッグやエルメス、シャネル、ヴィトンにゴヤール。パリ発のブランドは、高いものほどやっぱり日本で買うよりお得。ユーロが安くなってる時は特に狙い目です。

シャネル

化粧品も少しお得になっています。

パリにはパッケージも可愛いものや、香りのよいものが沢山揃っています。日本に帰って来てからも、パリ気分を味わえるお土産は嬉しいですね♪