旅のあと

ヨーロッパやアジアの海外旅行を安く、お得に、行きたい所だけ詰め込んで旅してきた旅のブログです。パリやロンドン、美しい田舎町などはじめとした観光情報などを記載しています。

映画「ザ・ビーチ」の島!ピピ島ツアーに参加

主演レオナルド・ディカプリオの映画、ザ・ビーチの撮影場所。

旅行日:2018年2月

ピピ島(pipi iland)

    ----日帰りツアー----
  • カイ島
  • サルの島(船上から)
  • ピピ・ドン島(ランチ・ビュッフェ)
  • シュノーケリング
  • ピピ・レイ島(マヤ・ベイ)

ピピ島ツアー

オプショナルツアー会社のベルトラさんのピピ島ツアーに参加。映画のまるで楽園のような島でしたが、人が沢山いました。(※現在、マヤ・ベイは上陸出来ません)

乗合バス(40分遅れ)で、船着き場に到着。ここで注意事項等を聞きます。オプションで足ひれ(200B)、写真撮影を頼めます。

スピードボートは、とても揺れて酔うと聞いていたので、酔い止めを飲み、後方に座ったせいか大丈夫でした(エンジンに近い方が揺れない)。 島と島の間のボート移動の際は、おしぼり、お菓子、飲物といたれりつくせりでした。ボートに乗る際にサンダルを預けます。ここから裸足になります。

カイ島に上陸

カイ島

海が青くてとても綺麗でした。やはり、生活圏のある観光地の島に比べたら綺麗度が全然違いました。

カイ島

ごつごつした岩場があり、登って写真を撮ったりしました。

サルの島

サルの島

小さな島がいくつかあり、入り江をゆっくり進み、サルのいるビーチに近づきます。

サルの島

船上から、サルを見ます。パンを投げるとサルが、ビーチサイドにやってきます。何故か交尾が始まりだし、ツアー客は爆笑していました。色んな島に立ち寄るのも面白いですね。

ピピ・ドン島

ピピ・ドン島

ドン島は、ピピ諸島で一番大きな島です。大型クルーザーも停泊出来て、ホテルもありました。バイキング形式のビュッフェをとります。ツアーの方ほぼほぼ、このビュッフェのようです。

シュノーケリング

シュノーケリング

近くの島のシュノーケリングエリアで、シュノーケリングをしました。 ラッシュガードを付けていたので、潜れませんが、下には南国ならではの沢山の魚がいてとても綺麗でした。魚の種類や海の綺麗さは格段に違います。 スプレー塗装したようなの鮮やかな魚を上から追いました。 友人は、メイクが落ちないフルフェイスのシュノーケルを持参してたので泳いだ後も完璧メイクでした。

ピピ・レイ島

ピピ・レイ島

レイ島がザ・ビーチのロケ地です。ピピ島という島は実際はなくて、ピピ諸島の島と言います。

ピピ・レイ島

ビーチより少し離れた所にボードがずら~っと並んでいます。浜辺まで、映画の主人公達の様に、海の中を荷物を持ってビーチまで歩いていきます。

マヤ・ベイ

マヤベイ上陸

ザ・ビーチのロケ地です。ビーチからは、こんな感じ入江になっています。

※2018年6月よりマヤベイは環境保護の為閉鎖されました。マヤベイは上陸出来ませんが、船上から見ることはできるそうです。人がいなくなった分、美しいビーチが見えるかもしれません。

マヤベイ

人が異常に多いですね...

島内

密林の中を冒険者の気分で進みます。足元はさらさらした砂なので、裸足でも問題ないです。とても美しい島で映画になるような、楽園ですね。

ピピ・レイ島

対岸まで行くと、崖の様になっていてそこからの眺望も綺麗です。映画を見てから行くことをおすすめします。

1日遊べて、送迎付きで1人1万円位です。 現在、環境保護のため、マヤベイに上陸出来なくなったのは残念ですが、周辺の島もとても美しく綺麗です。

ピピ島ツアー

www.veltra.com

オプション:足ひれ(200B)、写真撮影

私は、足ひれを借りました。持ち歩くことなく舟に置いとけるので良かったです。写真撮影は、魚眼レンズのようなカメラで撮影(水中含む)後日データで送られます。写真撮影を頼む人が複数いると、撮影枚数にバラツキがあります。ボート乗ってる暇な時間を毎回取りに来ますが、強風で髪の毛ぼさぼさで、寝顔などもとられます。写真撮影を頼んでない人は、島を知りつくしたガイドが率先してとってくれるみたいです。ただ、海の中からはとても綺麗に撮影して頂けます。あと、本日撮影したでなかろう宣伝写真のようなかなり美しいピピ島の写真も一緒に送ってくれます。