旅のあと

ヨーロッパやアジアの海外旅行を安く、お得に、行きたい所だけ詰め込んで旅してきた旅のブログです。パリやロンドン、美しい田舎町などはじめとした観光情報などを記載しています。

2回目以降のパリ。無料で楽しめるスポット3選

ガイドブックにあるメインの観光スポットに行ってしまったら...

旅行日:2017年5月

1.2回目以降のパリでおすすめ ビュット・ショーモン公園Parc des Buttes-Chaumont

ビュット・ショーモン公園

現地の人に聞いたおススメスポット。小高い丘の上にある公園で、市民の憩いの場になっています。北に下って行けば映画アメリで有名なカナル運河に歩いて行けます。パリの友人おすすめの公園です。 写真の石造りのアーチ(頂上)からは↓↓↓

眺望

パリ市内の眺望を見ることが出来ます。風が吹いてとても気持ちが良かったです。 遠くに真っ白いサンマルコ寺院も見えます。(写真左上)

丘

晴れた日は、バケットを買って、のんびり。 日中には日光浴をしている人、夕方にはランニングをしている人を見かけました。 日光浴をしている人の中には、ビキニを着て焼いてる人も数人いました。(5月です)

吊り橋

約25haの巨大な公園。吊り橋もあり楽しい。

カナル・サンマルタン運河

丘を北西に下ると、カナル運河に出ます。

ビュット・ショーモン公園 地図はこちら

2.プティ・パレ(パリ市立美術館)petit-palais

プティ・パレ外観

プティ・パレはシャンゼリゼ大通り南に位置し、パリ万国博覧会の為に建てられた美しい美術館です。 パリの美術館はほぼ有料。第一日曜日は美術館が無料になる所がありますが、みんな知っているので、長蛇の列です。ここは特別展示以外毎日無料なので、平日はすいていて、ゆっくり見れます。無料でも、モネやセザンヌ、ルノアールの絵画もあります。

プティ・パレ外観

ゴールドの豪華絢爛なエントランスで少し、入るとき緊張しました。入口で荷物検査を受けます。

プティ・パレ内装

入口左側すぐに展示物が置かれていました。まるで宮殿の様な豪華な内装です。

クロード・モネ

クロード・モネ「ラヴァークールの日没」

ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌさんの絵画は3点位ありました。

アンティーク

アンティーク好きにはたまらない小物入れや時計など工芸品の展示ブースもあります。 写真手前は、裁縫道具入れでしょうか?豪華すぎます。

椅子

地下にも絵画や家具などの展示物や特別展示の入口があります。 綺麗なトイレも無料で使えるのが嬉しい。

アレクサンドル3世橋

プティ・パレより南側には豪華なアレクサンドル3世橋があります。橋からはエッフェル塔が見えて、 結婚式の写真を取っている人達に遭遇しました。

アンヴァリット廃兵院

橋を渡ると、アンヴァリット廃兵院が見えます。 ここの芝生はわりと人が少ない。前の広い公園でゆっくりするのも良いです。

アンヴァリット廃兵院の芝

お祝いがあったのか?芝生にはカラフルな紙吹雪がちらほら落ちていました。

プティ・パレ 地図はこちら

3.街角アート巡りStreet Art

噴水

パリ市内には、街角にいくつものペインティングやポスターがあります。 落書きから始まって、高級ブランドとコラボして有名なアーティストになる人もいます。 街歩きと一緒にアート巡りをするもの素敵です。

グラフティー

パリ北東19区。見晴らしの良いエリアで、眼下にエッフェル塔も見えます。長めの良いエリア。

マッチョな天使

左側のイラストはパリでは有名な人らしいが、私は剥がれかけのマッチョな天使に目がいきます。凄い力で打ち抜かれそう...

Nike

Old is New.もし神様がNIKEを着てたらこんな感じ?

ニットを着た木

ある地下鉄の駅前の木々はニット着ててカラフル。色合いもフランスっぽい感じがします。

#LEMOUVEMENT

壁に紙を貼った絵が多かったです。ハッシュタグがあるので、インスタの検索用でしょうか?

壁画

こちらはパリ東20区。Ganbetta駅、ペール・ラシェーズ墓地近くの壁。日本にはないセンスの良さ。

グラン・ムーラン公園の近くの壁画

パリ南東13区もおすすめ。この巨大な女の子のようなストリートアートが沢山あります。